本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.045-741-8181

〒232-0041 横浜市南区睦町1-5-1 3階

協会の理念policy

設立経緯と理念

人間の人格形成の基盤は、だいたい幼児期までに形づけられ、そしてその後の環境や教育によっても変わることはなかなかむずかしいとさえ言われている。
熱心な基督教徒であり、かつ非行少女の教護にあたっていた黒川直胤夫妻は、みずからの体験を通じてこのことを痛感し、大正12年9月、関東大震災によって罹災した家庭の乳幼児の救済にあたったのを機に、同13年2月「乳児保護協会」の創設にふみ切ったのである。
ここでいう「乳児」とは今日の「幼児」をも含むものであって、またその「保護」とは今日の「福祉」を意味する。当時は現在と異なって国も地方公共団体もまた社会一般も乳幼児問題について関心はきわめて薄かったのであり、当協会は乳幼児福祉のための先駆者的任務を果たしたものであった。
以来ここに約90年本協会はその間、戦前・戦中・戦後における幾多の社会的激動のもとにありながらも、一貫して児童の健全な人格形成を目指して、乳幼児の保健と育児の相談及び母性の指導に努めてきたものである。
とくに、終戦前から巡回看護婦による家庭訪問指導や貧困家庭の乳幼児に対する物的援助、さらに終戦後は農園と牧場を経営して乳幼児保健のための食糧と牛乳の不足にそなえたり、あるいは無医村の無料巡回と診療を実施するなど、多難ながらもその時代の社会的要請に対応してきたのであった。近年にいたって、ようやく乳幼児対策の重要性が一般に認められるところとなった。これを機会に、本協会は約90年の伝統と経験を生かしながら、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成されるよう支援することを目的として、保育所の設置運営を推進し、もってその社会的使命を遂行せんとするものである。


社会福祉法人乳児保護協会 本部


所在地 〒232-0041 横浜市南区睦町1丁目5番地1号
            タマアンドミラトンジャパンビル 3階
電 話 045-741-8181  FAX 045-712-4410
役 員 会長 武藤春光  理事:6人 監事:2人 評議員:7人
職 員 3人



協会の沿革
1924年(大正13)2月 「神奈川県乳児保護協会」設立
1945年(昭和20)3月 「財団法人神奈川県乳児保護協会」となる
1948年(昭和23)6月 横浜市泉区中田町に近隣の勤労者家庭のため
            「白百合愛児園」 (保育所)を開設
1952年(昭和27)5月 社会福祉事業法の施行に伴い、名称を「社会福祉法人乳児保護
             協会」と改める                    
1964年(昭和39)9月 横浜市南区睦町に新装の「愛児会館」落成。ここに本部、
            睦町相談所および育児食料品配給所を設置
1969年(昭和49)10月 社会福祉法人乳児保護協会創立50周年記念式典を挙行
1999年(平成11)2月 社会福祉法人乳児保護協会創立75周年記念式典を挙行
2001年(平成13)4月 睦町保育園開設(定員:30人・病後児保育室みもざ:4人)
2002年(平成14)9月 睦町保育園を増設し保育業務の拡充を図るため、愛児会館を
            取崩し本部棟を新築                  
2003年(平成15)4月 横浜市の保育行政に応え、睦町保育園を増築       
             (定員:30人から90人・病後児保育室みもざ:4人)    
 同 年     6月 睦町保育園一時保育室みつばち 定員:12人でスタート
2013年(平成25)3月 白百合愛児園増改築工事完工(定員180人から220人)
2014年(平成26)9月 茅ヶ崎松園こども遊び場の土地売却
2016年(平成28)3月 白百合愛児園敷地について、借用していた敷地を国から払下
            を受けた
2018年(平成30)11月
 本部事務所移転(上記所在地へ)



information

社会福祉法人乳児保護協会

〒232-0041
横浜市南区睦町1-5-1
 タマアンドミラトンジャパンビル 3階
TEL.045-741-8181
FAX.045-712-4410